中古車センターに「BMWの電気自動車第1号車!」

I3 画像i3(アイ・スリー)はついこの前デビューしたBMWのカーボンファイバー製電気自動車だが、なんと札幌南郷19丁目のBMW認定中古車専門展示場に14日(土)と15日(日)の二日間展示される。もちろん販売目的だが、昨日の道新の広告にもあるが、試乗も出来る。展示場の中古車は通常は新車販売時の下取り車を整備して販売したりオークションで買い付けた車両を販売するが、このi3(アイ・スリー)は自社の試乗車の販売で8,000kmしか走っていない。電気自動車の不安材料はチャージャー設備が何処にでも無いところだと思うが、このi3(アイ・スリー)は、レンジ・エクステンダーと言う補助発電用小型エンジンのオプション付だから、ある程度の遠出のドライブにも安心できそうだ。それはBMWの小型バイク用の647ccエンジンらしい。トランクの下に収まっていて荷室のスペースは変わらないようだ。電気自動車のメリットは燃料費?と言っても電気だが、30分程の充電でワンコイン(500円)程度らしい。僕はハイオクガソリンを毎週入れているが、高い時には1回8,000円以上、今は少し安いので6,000円台だ。月に4回で30,000円~40,000円余のガソリン代に比べれば、月に2,000円程で済む電気自動車は魅力的だ。充電プラグは国内共通で電気自動車用なら何処のディーラーでもスタンドでも充電できるらしい。ちなみに東苗穂のBMWショールームに居たお客さんは商談中にBMW i用チャージャーを借りて日産リーフを充電させてもらっていた。今回の南郷展示場のi3(アイ・スリー)のレンジ・エクステンダー仕様車は新車の場合、車両本体546万円もするが、この試乗車は消費税込みで432万円。諸経費は別途16万円余り掛かるが、試乗車とは言え、114万円もお得な買い物と言う訳だ。たぶん、数年はi3が下取り中古車として展示場に並ぶことは無いのではないかと思う。毎日通勤などで頻繁に乗ったとして燃料代が月40,000円×12ヵ月=480,000円。 Read more

一生は、そんなに長くはない。

僕の仕事柄、広告の仕事でお世話になっているクライアントさんの商品を知人に紹介することがよくある。一例をあげれば「輸入車」などの高額商品の場合だが、すすめると大抵は決まって『お金が出来たら・・・』との返事が返ってくる。お金持ちは別にして、この世にお金が有り余っている人は多くはないと思うが、人生は短い。僕の持論だが『気持ちのいい借金』は心を豊かにしてくれる。例えば高額なクルマの購入の場合は『残クレ』『据え置き型ローン』などの名称のローンプログラム(毎月の返済負担を軽減する)が今は主流だ。つまり全体額の60%ほどを分割返済し、残りの40%余りを最終回に一括返済、または車両を返却する方法だ。大抵最長5年(60回)ローンだから、5年後の車両の査定残価が40%前後と見ての設定だ。特に輸入車など高級車は5年後もそれだけ残価が高いと言う訳だ。但し5年後に事故や傷、走行距離が規定を超えた場合は最終回の据え置き額に査定差額のプラス分が加算される。このような場合で最終回の返済額の負担増などで困り返済できない僕のような人には残価をさらに2年ローンにする方法がある。規定走行距離を極端にオーバーした車両は中古車としても売りづらく、査定も下がるから乗り続けたほうがいいと思うし、最終的には再ローン完済時点(7年)で名義を自分に変更し個人売買の方法があるからだ。また、契約途中で同じディーラーさんの新車に乗り換えたい場合には3年目の車検が来ないうちに買い替える方法もある。この場合、車両下取り査定額は比較的高く見て貰えるため、簡単に新しい車両に乗り換える事ができるが、ローン残債の差額が加算されての再ローンとなり、毎月返済額は少し高くなる。このように高級車でもお得なローンプログラムで、まとまったお金が手元に無くてもすぐに契約はできるからローンの審査と車庫証明さえクリアになれば憧れのクルマにすぐにでも乗れる。『お金が出来たら』といつまでも好きなものを我慢するか、『気持ちの良い借金』で明るい毎日をいち早く手に入れるかの選択は自分自身の考え方だが、購入のタイミングは、3月決算期や、各メーカーの特別低金利実施期間の登録がより負担を軽くしてくれるから狙い目かと思う。僕はこの方法でBMW4台、MINIを1台の計5台に乗った。先日、ようやく借金ゼロになったばかりだ。
 

FRで山登り?(BMWの後輪トラクション・コントロール)

僕は、北海道の厳しい冬もFR車(フロントエンジン・リヤドライブ)のBMWに乗っている。最近ではBMWも4WD(xDrive)車モデルを多数販売している。つい最近ではBMW初のFF車(フロントエンジン・フロントドライブ)のアクティブツアラー218i(5ドア)もデビューした。このモデルにも4WDがある。でも、しかし、僕のBMWはFR車なのだ。以前は、ジープ、スバル、日産の4WDにも乗っていた僕がなぜ?FR車に乗っているのか?。或るイベントを主催した時に決意したことがある。滑りやすい路面でレーシング・ドライバーの運転するBMWセダンがアクセル全開で車体はややローリングしつつもスピンせず周回を重ねている光景をこの目で見た。これまで4WD車でも滑りやすい路面でスリップ事故を何度か経験していた僕が不思議に思い、ドライバーに聞くと、床までアクセルを踏んでも、タイヤが滑り出せばエンジンの出力を抑えると同時に、トラクションの働きでスリップした方のタイヤ回転を止め、反対側のタイヤを回転させ、そのタイヤがスリップアすれば、またその逆を交互に、しかも瞬時にコンピュータ制御で行っているのだと教えてくれた。なんとカーブでお尻を振ったり横滑りすると自動的に後輪左右のブレーキが横滑りを防止し安全走行のコントロールをしてくれていると。さらにFRの良さも説明してくれた。前輪タイヤは駆動せずに、フリーに転がしているだけなので前輪のスリップがなく、従って「ハンドル操作通りに曲がってくれる」との事。FF車や4WD車のように前輪も駆動輪ではないメリットがFR車にはあり、急なブレーキング時には、いわゆる断続的なポンピング・ブレーキを自動的に行うABS(アンチロック・ブレーキング・システム)の働きとの組み合わせで危険回避できると。クルマも今や走るコンピュータと言えるほどに進化していたのだ。このイベントでのデモ走行を見てすっかりBMWファンになった。BMWの場合、多少お尻を振っても、それ以上のスピン状態にはならないから冬道も安心なのだ。先日僕は、FR車のBMWで久しぶりに冬の手稲ハイランドのスキー場まで登ってみたが、FRとは思えない走りは健在だった。ただ深雪、ミラー・バーン、カーブなどではFR車に限らずFF車も4WD車も減速して注意走行をおすすめする。
 
 

BMW入門 ( Vol.2 BMW認定中古車とは?)

BMWの認定中古車には、納車後6ヵ月間走行距離5,000km以内保証の「Used Car」、納車後1年間走行距離20,000km以内保証の「Approved Car」、納車後2年間走行距離無制限保証の「Premium selection」と、3つの商品構成になっており、さらに最大4年間走行距離無制限保証の「BMW Premium selection延長保証」なども用意されています。「Used Car」は新車登録後経過年数や走行距離に制限を設けず、「Approved Car」は新車登録後経過8年未満で走行距離100,000km未満。また「Premium selection」は新車登録後経過5年未満で走行距離60,000km未満と決められているので安心です。法定12ヵ月点検相当から最大100項目までの点検が行われ、車両の状況に応じてBMW純正部品を交換して納車されます。納車後も夫々の規定期間内に、万が一「エンジン」、「トランスミッション」、「ブレーキ」などの主要部品に不具合が生じた場合も無償での修理や部品交換など保証の範囲内になります。正規ディーラーの認定中古車は「安心保証」が魅力ですね。

BMW車入門(Vol.1 お手ごろ価格の認定中古車)

今では、輸入車も国産車も高級車の価格帯に大差はないですが、初めての購入となれば気になるのは、やっぱり価格ですね。「BMW」に限らずヨーロッパ車やアメリカ車など輸入車全般に「軽4輪車」の規格はなく、低価格車と言っても100万円~200万円台未満のクルマは、「認定中古車」以外にありません。現金購入の予算が限られていれば「認定中古車サイト」から検索するのがいいかも知れません。ここでは、「BMW認定中古車」について、僕の知る範囲で少しお話しましょう。BMW Japanが認定した、全国のBMW正規ディーラーが「BMW Premium Selecti0n○○」と言う展示場を開設しています。BMWの認定中古車だけを多数展示し販売しています。車両写真と価格や装備の概略は、BMW Japan公式ホーム・ページの上段のタグから「認定中古車」をクリックし、「ディーラー検索」から「北海道」を選び、展示場の住所から最寄の「ディーラー名」を選ぶと簡単に検索できます。新車ショールームのある店舗でも「認定中古車」は扱いますが、展示車が少なかったり、全く無かったりしますので、「BMW Premium Selecti0n○○」と言う箇所をクリックで展示場の所在がわかります。上部の「認定中古車タグ」から「BMW認定中古車検索」~左の「認定中古車検索」クリックで予算や希望のタイプを入力します。例えば、一番コンパクトなモデル「1シリーズ」、モデル「指定なし」、タイプ「指定なし」、車両本体価格「100万円‐200万円」、エリア「北海道」、トランスミッション「AT(オートマ)の四角にチェック入れる」、ステアリング(ハンドル)「左・右の四角にチェックを入れる」、走行距離「指定なし」、初度登録年「指定なし」、カラー「指定なし」、装備「指定なし」などを入力して検索すると車両情報が現れます。北海道・東北エリアなど範囲を広げて検索すればさらに、お気に入りの「BMW認定中古車」が見つかるかも知れません。

BMW車入門(はじめに)

「BMW」はドイツのクルマですが、「ポルシェ」、「フォルクスワーゲン」、「メルセデスベンツ」、「アウディ」など有名なヨーロッパ車のほとんどがドイツ製です。日本人にも似ているドイツ人の几帳面さが、クルマをはじめ工業製品の全てに現れています。几帳面すぎるが故に考え抜き、テストを繰り返し、製品が世に出るまでに時間と労力を惜しむことなく注ぎます。1年掛けたデザインを2年目には製品化するなどと、スピードを競わず、3~4年掛けてようやくデザインを採用など、ヨーロッパ流が今も息づいています。「ドイツのデザインは機能美」、「イタリアのデザインはアート」、「イギリスのデザインは伝統」、それぞれが競い合い「すばらしいデザインの製品」がクルマに限らず、世界中でヨーロッパ・ブランドとして認められています。僕も好きなクルマ「BMW」について、興味があるがなかなか乗るきっかけがないと言う方へ、ご参考にしていただければと、ブログを初めます。