X-TRAIL

日産のXTRAILに乗りました。以前のモデルは正直言って余り興味が湧きませんでした。原因は乗用車のユニットにRV風のボディをのっけただけのようなスタイルだったからです。足回りも華奢すぎるように見えました。ところが各社ともRVモデルのスタイルがかなりしっかりしてきました。今回乗ったX-TRAILも一回り大きいボディに足回りもがっちりしていました。運転しての印象はしっかりしたボディとパワーでした。但し、新型では多分改良されている事とは思いますが、今回のX-TRAILはスタート・ストップボタン式ではなく、ブロックキー内臓の普通のキーでした。キーレスに慣れてしまった今では、最初ちょっとやりづらく、暗がりでのキー穴も見えず、またドアの開閉もノブ接触式ではなく面喰いました。

NOTE e-Power

乗ればわかる電気自動車と言われていますが、やはり乗って見ないと分からないものですね。BMW i3や i8 の電気自動車は知ってはいるものの、実際に試乗はしていませんでした。ところが、事故のお蔭で?レンタカーに乗る事になり、NISSAN NOTE e-Powerに乗って初めて電気自動車の良さを理解しました。これまでのガソリン車やディーゼル車との違いは明らかで、第一印象が「運転しやすい」でした。何が?と言えば、先ず「ブレーキペダル操作が少ない」事でした。形式はバッテリーの電気を使って駆動用モーターを回すのですが、バッテリー充電量が少なくなれば、小さなガソリンエンジンでダイナモ(発電機)を回す。つまりガソリンエンジンは駆動用ではなく、発電用のみで、必要な時のみ回ると言う仕組みですから、普段の走行音は電気モーターなので静かな訳です。また、一番気に入ったのは、アクセルがモーターの回転制御役、つまり電気部品で言うボリュームですから、アクセルペダルをオフにすれば、まるでシフトダウンでもしたかのようなエンジンブレーキ?ではなくモーターブレーキがじわっと効きブレーキを踏まずとも、ショックの無い安全な減速をしてくれるのです。お蔭でブレーキペダルを頻繁に踏むこともなく、運転操作が非常に楽な訳です。また急ブレーキの必要も無くなったと同時に、下り坂のコーナリングやスーパーマーケットなどの螺旋状の曲がった急な下り坂でも速度をコントロールしてくれるので初心者のドライバーでも安全に降りる事が出来ます。カーブ走行も車体のねじれ(ローリング)が無く、スムーズで安全な走行ができます。ブレーキ操作が少ないと言う事は、当然ながらブレーキパッドやルーター摩耗も無く、ブレーキ関係の交換部品で数万円~十数万円もの整備費用も掛からず助かりますね。発電用ガソリンゲージの下がり具合も遅く、3月7日に満タンにして17日に残り僅かになったところで36リッターレギュラーガソリンを給油。2回目の給油は27日でした。私の走り方と言えば、毎日走ります。借りて間もなく1,200kmですから、比較的走る方だと思います。純粋に、走行用のガソリンでは無く発電用なので、燃費と言って良いのか?と迷いますが、約14km/Lくらいですかね。もっと優しく運転をすれば20km/L位まで伸びるかも知れませんね。 ガソリンも高騰していますから助かりますね。 発進時や追い越し時のパワーについても全く遜色は無いですね。むしろ加速は凄いですね。2WDと4WDの選択ボタンもあり、雪が無くなった乾燥路では2WDにしています。昨日はバックカメラを見ながら慎重にバックしていた時に、ゴツン!とぶつかったかと思い、急いで降りて確認すると、何と自動ブレーキで助かりました。事故の後ですから慎重に運転していますが、排気量の大きなクルマにも負けないくらいパワフルで、おすすめの一台ですね。不思議に思ったのですが、電気自動車の価格が意外に高い事です。ガソリン車やディーゼル車にはエンジンマウントもミッションもあって複雑な構造ですから価格に反映されるのは理解できるのですが、モーター駆動の電気自動車には複雑でハイパワーなエンジンもギアミッションも必要無い訳ですよね。もう少し安くなってくれればいいのですが。NOTEも新型が出てスタイルも一新しましたから人気が出そうですね。

交通事故!

冬道での交通事故を起こしてしまいました。前日2月7日までは比較的少雪で幹線道路が乾燥路だったのが一日で雪景色に変わった2月8日の夕方の事。郵便を出しに近くの郵便局にクルマで向かい無事済ませ買い物にとクルマを進ませていたのですが、何か考え事をしていたのか一瞬赤信号に直前まで気づかず交差点に入る直前にブレーキングもスリップで間に合わず、何と郵便局の赤いクルマ「スズキのエブリー」と衝突。私のBMW218dの運転席側のドアの丁番のあたりに直進して居たエブリーが衝突。歩道にドアが乗り上げ、運転席側ドアが開かないので助手席側から降りて相手の運転手に謝り、状態を聞くと怪我はないとの返事で一瞬ホッと。警察を呼び事故報告と保険会社に報告とレッカー手配とレンタカー手配を依頼。厳寒期の雪の中で震えながらの手続きは大変でした。私の右前輪の真新しいスタッドレスタイヤは避けてバースト。右ドアと右フェンダーと本体にも食い込んだ傷跡が。私の身体は大丈夫でしたが、後遺症も心配されるので、一応整形外科病院でレントゲン検査を受けておこうかと。保険会社ではレンタカーは30日間。病院には1週間以内にと言われたので今週末がリミット。兎に角大怪我は免れ、相手さんも無事との事で少し安心した次第です。私の方のクルマの修理費は100万円は超すようです。現場状況から100:0との保険会社の判断でした。

大寒

雪は毎年必ず降りますね。少雪とは言えヤマハの消音型除雪機も活躍しています。9馬力でパワフルですが、その分以前のコマツ製品よりも燃費は悪いようです。しかし今年の除雪量も昨年の倍の広さに成りましたから新しい機械は雪離れが良くて助かります。それも対面の老夫婦が入院したので、二軒分の除雪と家の前の車道全部の除雪をすることになったのです。お陰で我が家のところだけは市の除雪車も遠慮してか?雪を置いて行かなくなりました。

北陸の豪雪

関越自動車道でクルマが1000台以上立ち往生。高速道路の管理者がTVで謝罪していました。北陸の豪雪地帯の福井で暮らした経験からですが、こんな冬が何十年かに一度は必ずやってきます。私も高校時代に学校の体育館や教室棟の除雪に明け暮れて3学期は9日間しか授業をうけませんでした。 県立でしたが全寮制でしたから男子生徒は全員力を合わせて屋根にのぼって毎日除雪をしました。放課後には教師や町医者の自宅の屋根雪降ろしもしてアルバイト料1000円とカレーライスをご馳走してもらいました。早速、稼いだバイト料で映画を観に行ったものです。クルマなど通れない雪の量ですから、住民は皆あきらめています。足で歩いて移動するしか方法はありませんからね。その点、北海道の除雪体制は見事です。深夜のうちに幹線道路や住宅地の小路の除雪をしてくれます。そのほかに、私の場合は8~9馬力の投雪機械で自宅前の道路の除雪をします。ここ1週間ほど前から雪が降ってはいますが、未だ本格的な雪の量ではなく、今年買い替えたYAMAHAの静音型機械も活躍できていません。

12月半ばまで乾燥路

今年の冬は積雪が遅れています。しかし天気予報では明日14日から積雪だと言っています。今シーズンは新しいスタッドレスタイヤにしたばかりなので、乾燥路では摩耗も心配で、早く雪が積もって欲しいです。明日朝に10cmほど積もれば冬道運転に不慣れなドライバーで朝の渋滞も予想されます。もし積もれば、早朝から、今シーズン初めての除雪作業で多忙になりそうです。

今朝から雪です。

未だ11月初めだと言うのに、夜中は大雨でしたが、朝から雪興しの雷とともにアラレに変わり、やがて雪に変わりました。幹線の車道はクルマの通行量も多く融けていますが、小路や歩道はシャーベット状の雪が少し積もりました。心配なのは未だスタッドレスタイヤへの交換をしていない事です。同僚はクラウンですが、やはり予約も順番待ちで18日になるそうです。彼も心配で早退しました。それに明後日には仕事でニセコに行く予定との事。そこでスタッドレスタイヤ完備のレンタカーにする事にしました。私はと言えば218dxDriveですが、昨年ランフラットタイヤがバーストしてしまい、冬タイヤを履きつぶす事にしていましたから、今もスタッドレスですが、相当に摩耗していて心配です。今日も夜遅く帰宅の際には、幹線と言えども、気温が1.5℃と、ブラックアイスバーンの可能性も高いので、スピードを押さえて走行しました。何とか無事帰宅できました。明朝積らなければ良いのですが。

軽四輪の進化

先日、主に娘が使っていたMINI ONEを売る事にしました。車検は近いのと、引っ越し先のカーポートが狭い事と、4輪駆動車に替えたかったからです。ネットで買い取り価格の相場を調べようとアクセスした直後から、驚いた事に、スマホに250本ほどの電話がありました。最初の3~4社しか対応できませんでしたが、結局、国産車ディーラーさんの課長さんからの紹介の買い取り業者さんに依頼しました。5年目のMINIですが25000km余りしか乗って居ませんでしたので、多少のキズなどありましたが111万円で買い取っていただきました。問題の軽四輪ですが、格安の新車を探しましたが丁度マイナーチェンジ時期に当たり、カタログも現車も11月中旬以降になるとの事であきらめて手の良い中古車にする事にしました。娘がネットで探したのはダイハツのトコットでした。ボディカラーはブラックで試乗車として使用していた2019年車の最上級クラスの限定車でした。店頭表示価格は128万円との事でしたが、冬タイヤなど付ければ相当額になりそうなので、冬の塩カリによる錆び防止の為の下回りのコーティングだけお願いして本体値引きも含め、次の車検までのサービスパックと諸経費込みで135万円で購入しました。MINIの買取価格に追い金25万円で済みました。スタッドレスタイヤはアルミホイール付きでネットで37000円程でしたのでディーラーさんに比べれば2万円も安いのでネットで購入する事にしました。ところで、初めて知ったのですが、軽四輪の装備は極端に言えばBMW並みなのには驚きました。サスペンションやデフや四駆システムの違いはあるものの前後の安全システムカメラや急発進防止装置や、後退時のナビ画面での後方確認カメラや、盗難防止のイモライザーや、シートヒーターまで装備しています。もちろん4WD車です。これまで軽四輪車をじっくり見た事が無かった私には大きな驚きでした。

国産車展示会開催。

北海道新聞主催で22日(土)・23日(日)の二日間、新車展示フェアを開催しました。二日間とも盛況で、初日は4000名ほどの来場で100台の新車の成約があったそうです。トヨタ系ディーラ3社、日産プリンス、スバル、三菱、ホンダ、ダイハツ、スズキなどのディーラーから沢山の展示車や試乗車が。予測では二日間で10000名の来場になり盛況でした。スバルのレボーグの新型車の発売日と重なり展示車の周りにはスバルファンが多数。日産はキックスの新型が最新モデルでした。RV系モデルも多く、季節柄、各社の展示にオートキャンプのディスプレイが多く見られました。

BMWとMINIショールームに。

先日、BMWとMINIのディーラーさんにCOVID-19に関連した提案をしました。輸入車に限らず国産車ショールームも以前に比べて来場者が少ないのが現状です。しかし、ショールームは人混みではなく十分なスペースの空間ですから、余程の事でも無い限り、感染リスクなどありません。そこで入り口に対策実施5か条のPOP案をPDFにしてメール添付提案しました。早速返事が来て採用になりました。商業施設などではいち早く実施していましたが、その他の店舗などではCOVID-19に触れたくない風潮も見受けられます。むしろ対策が十分である事を告知して安心して来場や試乗や商談が出来れば良いのではないかと考えています。