NOTE e-Power

乗ればわかる電気自動車と言われていますが、やはり乗って見ないと分からないものですね。BMW i3や i8 の電気自動車は知ってはいるものの、実際に試乗はしていませんでした。ところが、事故のお蔭で?レンタカーに乗る事になり、NISSAN NOTE e-Powerに乗って初めて電気自動車の良さを理解しました。これまでのガソリン車やディーゼル車との違いは明らかで、第一印象が「運転しやすい」でした。何が?と言えば、先ず「ブレーキペダル操作が少ない」事でした。形式はバッテリーの電気を使って駆動用モーターを回すのですが、バッテリー充電量が少なくなれば、小さなガソリンエンジンでダイナモ(発電機)を回す。つまりガソリンエンジンは駆動用ではなく、発電用のみで、必要な時のみ回ると言う仕組みですから、普段の走行音は電気モーターなので静かな訳です。また、一番気に入ったのは、アクセルがモーターの回転制御役、つまり電気部品で言うボリュームですから、アクセルペダルをオフにすれば、まるでシフトダウンでもしたかのようなエンジンブレーキ?ではなくモーターブレーキがじわっと効きブレーキを踏まずとも、ショックの無い安全な減速をしてくれるのです。お蔭でブレーキペダルを頻繁に踏むこともなく、運転操作が非常に楽な訳です。また急ブレーキの必要も無くなったと同時に、下り坂のコーナリングやスーパーマーケットなどの螺旋状の曲がった急な下り坂でも速度をコントロールしてくれるので初心者のドライバーでも安全に降りる事が出来ます。カーブ走行も車体のねじれ(ローリング)が無く、スムーズで安全な走行ができます。ブレーキ操作が少ないと言う事は、当然ながらブレーキパッドやルーター摩耗も無く、ブレーキ関係の交換部品で数万円~十数万円もの整備費用も掛からず助かりますね。発電用ガソリンゲージの下がり具合も遅く、3月7日に満タンにして17日に残り僅かになったところで36リッターレギュラーガソリンを給油。2回目の給油は27日でした。私の走り方と言えば、毎日走ります。借りて間もなく1,200kmですから、比較的走る方だと思います。純粋に、走行用のガソリンでは無く発電用なので、燃費と言って良いのか?と迷いますが、約14km/Lくらいですかね。もっと優しく運転をすれば20km/L位まで伸びるかも知れませんね。 ガソリンも高騰していますから助かりますね。 発進時や追い越し時のパワーについても全く遜色は無いですね。むしろ加速は凄いですね。2WDと4WDの選択ボタンもあり、雪が無くなった乾燥路では2WDにしています。昨日はバックカメラを見ながら慎重にバックしていた時に、ゴツン!とぶつかったかと思い、急いで降りて確認すると、何と自動ブレーキで助かりました。事故の後ですから慎重に運転していますが、排気量の大きなクルマにも負けないくらいパワフルで、おすすめの一台ですね。不思議に思ったのですが、電気自動車の価格が意外に高い事です。ガソリン車やディーゼル車にはエンジンマウントもミッションもあって複雑な構造ですから価格に反映されるのは理解できるのですが、モーター駆動の電気自動車には複雑でハイパワーなエンジンもギアミッションも必要無い訳ですよね。もう少し安くなってくれればいいのですが。NOTEも新型が出てスタイルも一新しましたから人気が出そうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です