ホンダFITハイブリッド車

先日、本州へ所要ででかけました。5月にしては異常な暑さ覚悟でしたが、意外にも北海道の方が暑くて助かりました。半袖に夏用ジャケットでも冷房の効いた飛行機や電車は寒かったです。その日は金沢手前の駅で人身事故が発生したとのことで、特急も途中駅で停車。1時間も待たされ、ようやく発車。特急が鈍行になってしまったため敦賀駅で全額返金を申し出たのですが、規則で2時間以上遅延の場合のみ全額返金とのことで引き下がりました。駅前で予約していたレンタカーホンダフイットのハイブリッドを保険も込みで8千円ほどで借りて小浜方面へ。以前にもフイットは運転していますが、ハイブリッドは初めてでした。小型ながらしっかりした感じのフイーリングでした。翌日返却前にガソリン満タンも燃費が良く8.5ℓ、1,300円で済みました。レンタカーはハイブリッドかクリーンディーゼル車に限りますね。翌日、新千歳空港の駐車場に置いたBMW218に乗って帰ったのですが、いつもの事ながらターンシグナルのつもりで右のレバーを操作してワイパーブレードが動いてしまいました。2日間もレンタカーに乗っていたので、すっかり身についてしまいました。しかしフイットは実に車名の通りでした。

パット?!カー?

またまたスピード違反で御用になりました。毎日注意して制限速度で走行していた札幌ドーム裏の羊ヶ丘通。その日は暑くなるらしいと言うので薄手のジャケットと薄手のパンツに履き替えて出社したのはいいのですが、会社のあるビルの立体駐車場に車を入れて、さぁとセキュリティ・キーを取り出そうと?。キーを忘れた事に気づき引き返したまでは良かったのですが、3車線の郊外。ついスピードの出し過ぎを、隠れていたパトカーにレーダー測定され、直後のサイレンで気づき急ブレーキも間に合わず60km制限道路で87km。27kmオーバーで停止させられました。何と3点減点で18,000円の振込用紙をいただきました。この道路は鬼門です。覆面に2回、パトカーに1回と3回目も同じ場所で停止させられました。札幌ドーム駐車場から降りて来るスロープは運転者から死角になっていますからあそこに待機されては仕方がありません。潔く昨日銀行で振込みました。リミット・スイッチ付の設定をしておけば良かったと。後の祭りですね。