金沢は暑かった。

或る年の夏休みに、娘を連れて若狭の田舎に行く事になった。フェリーを降りて高速道路で金沢入り。夕方になったので宿を取ることにした。予約無しではお盆休暇には泊まれないと、兼六園近くのホテルで言われたので、仕方なくホテルを諦めて駅前で旅館を探す事にした。駅前の観光旅館は意外にも簡単にとれた。翌日はクルマで兼六園に向かった。夏の金沢は猛暑で、園内を歩く事さえつらかった。ベンチに座ってアイスクリームを食べながら、初めて気づいた。北海道の気候に慣らされた僕には夏の兼六園は到底ムリだったと。暑さはハンパなく、体温を超える38~39℃はあっただろうか。暑い金沢を出て、味気ない高速道路はやめ、山間の国道に入り緑や渓谷を見ながら福井県の大野市、勝山市を経由して若狭に向かった。山間部はいくらか涼しく、窓も開けて爽快なドライブだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です