自転車とエアバッグ?

最近、自転車とクルマの事故を多く見かけるので、運転にも注意はしているが、自転車も我がもの顔で危険な走り方が目立つのは事実だ。歩行者も自転車もクルマからは必ず認識されている事を前提に行動してしまうから事故は起きる。クルマを運転していると視界には無かった自転車やオートバイや歩行者に『ハッ!』と気づくことがある。車には死角がある事と、一度に360°は認識できない。歩行者は別にしても、自転車やバイクにもエア・バッグを装着できないだろうか?死亡事故を無くすための工夫を自転車メーカーもバイクメーカーも努力していない。後付で可能な方式なら、今からでも間に合う。『乳母車』やお年寄りの『手押し車』や、『車椅子』にも応用できそうだ。装着するとすればハンドルあたりだろうか。我が家の子供達の4台の自転車と2台のバイクにも取り付けられれば安心だ。(エアバッグで死亡したなどのニュースもあるが?)スウェーデンだったか定かではないが女子大生達が研究してマフラー形のエア・バッグを開発した。昨日のTVでそれらしきエア・バッグを紹介していたが頭部をスッポリ覆う方式だ。日本円で約5万円ほどらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です