いよいよオークション出品。

4月半ばまで乗っていた僕のBMW116iは現在、札幌は南郷通り19丁目のBMW認定中古車展示場の片隅に、フロントガラスの内側から『USSR行』と張り紙をして置かれてある。支店長に聞いたが、来週のオークションに他の対象車とともに出品すると言う。さていくらの価格で落札するのか?しないのか?16万キロも乗れば、今の日本じゃ売れないのかも知れない。となれば外国に売られるかも知れない。心配なのは買った人がクルマに詳しいかどうかだ。何しろ走り過ぎて古くなればオイルの減り具合も極端に早いし、それなりにメンテナンスをしてあげなければ駄目になってしまう。手放したクルマの心配をしても仕方が無いと言われればそれまでだが、大事に乗って長生きして欲しいと願う。オークションの結果が待ち遠しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です