ブレーキの鉄粉。

輸入車、特にヨーロッパ車のディスク・ブレーキはパッドがよく減るので鉄粉がアロイ(アルミ)ホイールに付着する。摩擦で停める仕組みだから当然焼き焦げた鉄粉は冷えて酸化し錆び汚れになる。鉄粉の出ないブレーキ・パッドもあるが、余りおススメはできない。減るほうが遥かに優しく、確りと制動力を発揮するからだ。だからホイールへの汚れは仕方がない。しかし、買ってまだ一度も洗車もしない無精者の僕も、ホイールの汚れだけは気になるが、水をかけるだけでは汚れはとれないので洗剤でブラッシングするしかないだろう。以前『キッチンハイター』をシュッ!とかけ、即、水で流したら一瞬にきれいになったが、強烈でホイールやボディに錆びなど悪い影響が出るので、今は止めている。白いボディにも鉄粉が刺さるのでワックスなどで保護しておくと防げるが、僕は初めからガラス系コーティングをしたので、ある程度は防げると思う。しかし初めて乗る白いボディ色だけに気になってきた。早めに洗車してみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です