身近に迫るコロナ禍

対岸の火事ならぬ身近のコロナです。先週末娘が濃厚接触を通告されPCR検査の結果翌日の日曜日に結果は陽性となりました。何でも知り合いの子供たち4名を自宅に招いてお寿司など御馳走したらしいのですが、何と大変なお土産を置いて行きました。小学校も中学校も夏休みが終わって始業式を終えたばかりですが、このところ子供たちの間で感染拡大しているらしいのです。娘のPCR検査はドライブスルー方式で唾液を採取する方法だったそうです。別世帯ですから接触はしていませんが余りにも身近な感染にショックです。市からは支援品の食品(缶詰など)の段ボールが3箱届いたそうです。何でも食べ物全てがしょっぱかったり苦かったりするそうです。吐き気がして食べられないらしく相当参っている様子です。LINEのやり取りでは分からなかったのですが、電話の声はかすれて辛そうでした。今朝はLINEで「喉がカラカラ」とのことでしたので、アクエリアスを2箱とサンドイッチを玄関前に届けてきました。重症化せずに早めに回復してくれることを祈るばかりです。