燃料の違い。

オクタン価とはガソリンの純度の事で、数値が高い程不純物が少ないわけで、純度が高いほど燃費やパワーが上がるわけです。レギュラーとはオクタン価が89以上で、名前の通り普通のガソリンです。エンジンが丈夫な普通車であれば、そこまで純度の高い燃料を使わなくても或る程度十分な走行性能を発揮でき、壊れることもありません。次にハイオクとはオクタン価が96以上で、非常で不純物が少ないガソリンなのです。高級車のエンジンの場合、不純物を嫌いますので純度の高いガソリンを使用しています。海外にはレギュラーという概念も薄く通常販売されているポピュラーな燃料そのものが日本で言うハイオクに近い場合があります。(アメリカの基準は、ほぼ日本の場合と同じだと言われています)仮にハイオク車にはレギュラー・ガソリンを使用できない事も無いのですが、その場合エンジンの持つ性能を最大限に引き出す事はできません。ちなみにサーキットのガソリンスタンドなどではアブガスと呼ばれるガソリンも存在します。これはオクタン価が110前後でハイオク・ガソリンの中でも、更に純度が高いガソリンで、レース車の超ハイスペック・エンジンに使用されます。ただし、このアブガスは有鉛と言い、排気ガスも有害で、現在無鉛指定の自動車に使用することは環境基準上できません。また軽油はガソリンではありませんが、主にディーゼル・エンジンに対応した燃料で、ガソリンとは殆ど別物なのでガソリン車に軽油をいれればもちろん動きませんし、その逆もそうです。特にヨーロッパでは、ガソリンよりも軽油を使用する車が多く、古くから日本メーカーのディーゼル・エンジンより性能が高いため、燃費も、走行性能も、環境にも良いといわれています。かつて日本における「軽油=環境に悪い」というイメージは、ディーゼル・エンジンの性能によるもので、軽油のせいではなかったわけです。現在では、国内のディーゼル・エンジンも改良され、クリーン・ディーゼルと言われ、日本国内でも、黒鉛を吐きながら走るディーゼル車など余り見かけなくなりました。なお、ディーゼルエンジンは灯油でも動きますから、軽油の代わりにいれている車も、たまにはいますが、軽油税の脱税にもなり、環境にも良くない違法行為なので止めて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です