危険なザクザク道路。

今日も午後9時過ぎに自宅に向かって羊ケ丘通りの札幌ドーム裏手に差し掛かった。何度も覆面にも捕まったところでスピードを出したくなるところだ。夕方から降り出した粉雪は固まらず路面はザクザクでハンドルを取られる状況だった。注意して走っていると左斜め前方を走行中のホンダフィットが膨らんで路肩の雪山に乗り上げ標識の鉄柱にあわやぶつかりそうになりながらも元の道路に戻れた。並走していたクルマも直後のタクシーも僕も巻き込まれそうでヒヤリとした瞬間だった。こんな路面は砂地走行にも似ていて、スピードが出ていてハンドルを取られたらコントロール不能になる。4WDだからと言ってスピードを出し過ぎた結果だが、タイヤがグリップを失う前に、特に冬は予防安全運転を心がけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です