人間もコンピュータ制御?。

最近のBMWは、一定の車間距離を保って追従走行したり、走っていてよそ見して前車に急接近すれば、自動ブレーキが掛かったり、車線逸脱すればハンドルのバイブレーションで警告される。速度超過も警告音やリミッターで速度制限したりもできる。そのうちこれらの装置のコンパクト版開発で人間にも応用できそうだ。自動ブレーキでぶつからず、逸脱行為防止装置で犯罪防止や人間距離一定維持装置などでストーカー予防やストレス解消。喧嘩の原因にもなる余計な事を言わない装置も必要だ。そうなれば平和に貢献する一方で、面白みに欠ける時代になるには違いないが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です