洗車ジンクス?

僕が洗車すると、決まって即、雨が降る。昨日の朝も出がけにそうだった。久々にブレーキ粉で汚れたアロイ(ドイツ語)ホイールにホイール洗浄液を吹き付け、ボディは洗剤をつけたスポンジで、ホイールは専用の洗車道具できれいに洗った。その後出かけて、諸用を足して会社のガレージに入れた途端雷鳴がして、にわか雨が来た。ガソリン・スタンドで洗車してもいつも同じで、即、雨が降る。今月末の28・29日に屋外イベントを控えているのでその一週間前からは、クルマがどんなに汚れても決して洗車しない事に決めている。これまでもそれを守っていて、不思議と僕がタッチした屋外イベントでは雨が降らないと言うジンクスもある。こんな晴れ男を自負する僕も、イベント会場で疲れてクルマの中や屋内で休んでいると雨が来るから気が抜けない。一昨年の夏には、暑くて、お客様接待用缶ジュースが足りなくなり、近くの大型店に買いに行った途端にスコールが来て大変だった。すぐに戻ったのでまたカラッと晴れたが、こんなことは信じない人たちも、目の当たりにすると皆信じてくれる。昔々、僕の長年のクライアントの担当部長さんが他社に浮気をして、或る中古車展示場のオープン・イベントを実施したが、大雨に祟られて大変な目に遭った事もあった。 もしかしてだけど?祈祷師でもないが、大雨警報の土地に行って雨をやませて、カンカン照りで渇水のところに出向いて洗車をすれば世の為、人の為になるかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です