キャンピング・カー。

キャンピング・カーにもいろいろ有るが、屈斜路湖のほとりで大露天風呂温泉が売りの民宿を経営している知人の所に、アメリカなどの映像で見かける飛行機の胴体のように大きなアルミでできた牽引型キャンピング・カーを見かけた事があった。民宿のオーナーの知人に聞くと彼の東京の親戚のオジサン家族だった。親戚と言えど商売の部屋には泊まらず、キャンピング・カーで家族が寝泊りして避暑に来ていたらしい。こんな大きな本格的なキャンピング・カーは別として、ある程度設備の整ったキャンピング・カーは魅力だ。トラックの後部に設備したタイプやワンボックス・カー・タイプ、最近では軽四輪のワン・ボックス・タイプまである。キャンピング・カーの魅力は宿泊のホテルや旅館の予約の心配もせずに出かけられる事だろう。こんなクルマで北から沖縄まで、の~んびり南下する旅をしたいと考えたが未だに実現はしていない。仕事を持っていると、なかなか長期休暇などとれず、つい仕事人間になってしまう。それに家族も含めてクルマも3台有るが、みんな実用車で遊びの車は無い。キャンピング・カーを購入するとなれば300~500万円は覚悟しなければならないだろう。それに遠出すればさらに維持費も予算すれば年間100万円くらいは余裕が無ければならないと思う。と、なれば僕達のようなユーザーにはキャンピング・カーを購入維持するよりもレンタ・カーを利用したほうが遥かに経済的だ。ましてレンタ・カーなら、その時々の目的に合わせて、好きなタイプのキャンピング・カーも選べる。沖縄までの南下はムリにしても、取り合えず一度レンタ・カーでいいからキャンピング・カーで北海道内を2~3日ばかり旅してみたい。子供たちが大きくなって自立してしまうとクルマでの旅行も忘れてしまっていた。余談だが、理容店の店主が以前日産キャラバンを改造して8ナンバーにしていた。改造車はキャンピング・カーもパトカーも8ナンバーだが、改造するところは室内とエンジンや装備の違いはあっても税金は非常に安いらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です