フェリー。

夏になると、1週間から10日間ほど休みを取ってフェリーにクルマを載せて北陸や関西に出かける事が多かった。札幌から近い港は小樽だが、時には室蘭港からも乗船した。未だになかなか行くチャンスのない東北には、いつか行こうと思いつつ、仙台のサーキットにツーリングカー・レースを見に行った時以外、まだ実現していない。東北へは苫小牧港を夜に出て翌朝八戸港に入り、十和田や八甲田へのドライブを楽しみにしている。時期としては紅葉の秋がいいのだろう。仕事の都合次第だが、今年は行けるのだろうか?毎年同じ事を考えている。フェリーは運賃も比較的安く乗船料はクルマの料金に運転者分も含まれて掛からないから2~5名で出かけるには経済的だ。但し、船酔いする人には向いていない。大型フェリーの場合には海中にスタビライザーと言う羽が出ていて揺れを自動制御してくれているので、それほどの揺れは感じさせないように出来ている。また飛行機と違い空間が広く、潮風を感じて広いデッキなどへ自由に動き回れるのもいい。レストランのメニューは単調だが二~三食くらいなら我慢できる。フェリーのいいところは重い荷物を持って交通機関への移動をせずに、目的地に行けるところだろう。またクルマは船倉に収容されるので潮風は当たらないので塩害の心配はない。フェリーとクルマの旅は、燃料費や高速料金は掛かるが、目的地でも自由に動ける事が最大メリットだ。船の中も贅沢を言えば一等船室などにすればプライバシーも守られる。キャンピング・カーなら、さらに楽しいドライブになるのではないだろうか。(クルマのサイズでは乗船料が多少変わるようだが・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です