祭りの日も、必ず事件だ!。

家族そろってクルマで夏祭りに出かける事になった。庭にはまだ新しい自転車があった。出掛けに何となく気になったが、楽しい祭りの夜の出店に行きたくて気が逸り出かけた。戻ると、気にしていた自転車が無くなっていた。祭りの日は、どの家もほとんどがカラになるから泥棒も安心して盗みが出来ると言う訳だろう。警察に届けを出していたので、忘れた頃に遠くの交番から『自転車が見つかりましたので引き取りに来てください』と電話があった。喜んで息子とJEEPで出かけた。ところが見つかった自転車は『金色』のラッカーで見る影もない姿に変ええられていた。連れて行った息子もガッカリした様子だった。荷台に積んで自宅に戻り溶剤で拭き取る作業も揮発油の臭気で頭が痛くなった。余計な労力もさる事ながら、他人の財産を平気で盗むヤツは許せない。今度からカメラでも仕掛けてとっ捕まえるか、自転車に大音響のスピーカーでも仕掛けて驚かせてやろうか?それともブレーキのボルトを緩めておいてやろうか?どうにかしなければおさまらない。今回、また新しい自転車を買う羽目になってしまった。また盗まれたら『あとの祭り』だ。盗人のために稼いだお金を払って買ってやっているも同然!『男はつらいよ!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です