自転車事故。

朝の通勤途中に36号線で、タクシーが自転車と接触した。すでに警察官も来てタクシー運転手から事情聴取中だ。自転車はあったがそれらしい被害者は居なかったので救急車で搬送された後なのか?は不明だが、必ず慌しい朝の時間帯に交差点で事故が多発している。自転車は通勤・通学に使用しているだろうし始業時間が気になって急いでいるに違いない。多少の無理もしたり自転車側にも非がある場合が多いと思うがクルマに比べて弱い立場で怪我や死亡事故につながる。極最近だが自転車の交通ルールが施行されたが、浸透していない。逆走車は頻繁に見られるし歩道を走行している。最も車道も危険だが。自動車免許取得前には交通法規も習うが、クルマの運転経験が無ければ交通ルールなど知らないだろうし、免許不要の数知れない自転車への教育は難しいだろう。事故が起きればクルマが加害者となるだろうし、我が物顔で走り回る自転車とクルマの共存は、危険だらけだ。自転車側にも衝突回避ブレーキでもつけて欲しいくらいだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です