試乗。

クルマの試乗会のイベントは何度も手がけている僕自身は、まだ試乗したことが無い。せいぜい代車に貸していただいたり、撮影にお借りしたりする程度で、考えてみれば、購入前の試乗は一度も無い。決めたらお任せで毎回新車を貰いにショールムに出かけて、そのまま乗って帰る道すがら慣らし運転をする。僕の購入するディラーさんは自宅の正反対の方角で30km近くあるので、購入直後の丁度よい試乗コースになる。クルマについては信頼していて余程の事が無ければ大抵は安心できるし、保証もしっかりしていて不安はない。でも試乗会に来られる方々はきっといろいろなメーカーのいろいろなクルマに試乗してから慎重に決めるに違いない。メカニックに興味の有る人は特にボンネットの中まで見ているし、デザイン重視の人は外観の隅々まで嘗め回すように見ているし、レスポンス重視の人はアクセルを踏み込んで、ちょいと乱暴だ。大切な一台を購入するために試乗するのだろうが、何台も所有する方は意外な方が多いらしい。納車に行くと『そこに置いていって』とか、『冬タイヤなんて要らないよ、必要だったら買うので』とか、全く無頓着な方が多いらしい。最もその様な方々は僕達のように乗り回すタイプではなく、日常も多忙な訳で数少ない休日のひと時を『たまにドライブ』的なクルマの使い方らしい。聞いた話では、ちょっと見たことの無い輸入車ばかりを10台も入ったガレージの持ち主も。ひがむ訳ではないが、でも一台を大切に乗るのが本当のクルマ好きなのかも知れない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です