禁煙車。

昨日、ガソリン・スタンドに給油に行くと、いつもの決まり台詞で『吸殻ありますか?』と聞かれた。H11年に禁煙して15年以上になるので『無いです』・・・と言って探したが、自分のクルマには灰皿がついていない事に気がついた。4月15日に、BMW2シリーズ 218i アクティブツアラーに乗り替えてもうすぐ20日になろうと言うのに昨日まで気づかなかった。喫煙していた頃に乗ったミニバンの奔り『日産プレーリー』の初物は灰皿に灯りが点かず夜間走行時に困ったと書いた事があったが、今回は最初から付いていない。僕としては大歓迎だし、世界は間違いなく禁煙が常識化している事を実感した瞬間だ。ところで、スマホの充電時やポケットWi-Fiへの充電時などの電源にシガーライターが必要と思い探すとコンソールのところにライターこそ付いていないがキャップを抜くと現れた。これで充電コードを差し込めばOK!またインバータを差し込めばPCやタブレットにも充電できる。これまで多くのクルマに乗って来たが最初から禁煙車仕様はこれが初めてだ。初物には欠陥が付き物だから気をつけよう!なんて以前書いたが、今回の初物は欠陥どころか『スグレモノ』だった。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です