見えない?一時停止標識

高速に平行している新道を走ると合流している車線でいつもパトカー2台が待機している。一時停止違反の取締りだ。よく捕まっているので試しにその合流道路に進入してみた。と、何と左カーブの合流道路はかなり曲がりこまないと一時停止の標識が見えて来ない。これがドライバーの認識を遅らせる原因と判った。合流地点は当然減速しなければ危険で、むしろそっちの方に気を取られ見えにくい標識確認が遅れてしまう。もう少し手前からも認識できるような位置に標識が設置されていれば、パトカーでの取り締まりも必要なくなるし、事故も減ると思う。こんなケースはあちこちで見かけるが、取り締まり以前に改善が先だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です