BMWアクティブ・ツアラー試乗記

僕も決して暇ではないのだが、クルマの事となれば何となく時間を都合できる。今日も夕方、手稲まで出かけてBMWのショールームを訪問。素晴らしいクルマが展示してあったが、今日は最近登場した2シリーズのBMW初のFF車「218iアクティブ・ツアラー」を見る事と、自分のクルマを点検してもらうのが目的だった。そのつもりだったが、帰りには、自分のクルマをサービス工場に預けて試乗車を借りてしまった。お目当てのアクティブ・ツアラーだ。5ドアのミニ・バンタイプのアルピン・ホワイトのレザー・シートでラグジュアリー・モデルらしい。初めて乗った感じは、外観よりも広く大きな感じがした。電動シートを調整してライトをオートにした。明るい!自分のクルマの荷物を積み替えようと少しバックしたらナビの画面が自動的に切り替わった。後部にカメラが付いているのか?障害物に近づくとセンサーで警告する。さあ、出発!交差点でブレーキを踏んで停まったらエンジン音が消え静かになった。アイドリング・ストップだ。ほんの少しブレーキ・ペダルから足を浮かせたらエンジンが掛かって動き出した。立ち上がりのレスポンスが速い。室内も静かで自分のクルマに比べてエンジンの音が軽快だ。ツインパワー・ターボか?加速感も気持ちいい。センターラインを踏んだ時、ステアリングに「ブルブル!」っと振動が伝わった。路肩の白線も踏んで見たら同じだった。車線逸脱センサーが振動で警告しているらしい。わき見や下手な運転、居眠り運転にはいいかも知れない。さて問題は立体駐車場にルーフが、突っかからないかだ。スペックに寄れば高さが1550mmだから一般立体駐車場の制限高さと同じで心配だ。自宅のガレージやカーポートは大丈夫だが、会社のガレージに入るかどうか明日朝試してみよう。でも、スバルのフォレスターは入っているから多分大丈夫とは思う。明日朝が楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です