打たれた杭は抜け!?

BMWセダンの新車で、友人の住まいの横にある空き地に駐車のためバックで入れた。それまでハッチバックに乗っていた僕はセダンのバックには不慣れだったが、案の定、アクシデントは起きた。『ボコッ!』と後方で音がした。見ると、またまた短いアングル(L字鋼材)が地面から30cmほど出ていてバンパー下に喰いこんだのだ。錆びて土と同化していて判別できなかった。たぶん、立て看板の脚を縛るために打ち込んだアングルを看板撤去後抜いていなかったのだろう。ショックだったが、トランク分の長さを把握していなかった自分に腹がたった。そして『杭を打ったら抜け!』と、前例を思い出して悔しがった。教訓:慣れないところにバックする時は、必ず降りて確認せよ!何かが起きる前に。Back to the future?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です